お客様ひとりひとりの“縁”を大事にしたい

ニトリニトリ採用情報トップニトリデコホーム採用情報 | お客様ひとりひとりの縁を大事にしたい S.Kさん(主婦/40代)

S.Kさん(主婦/40代) パート(週3~4日勤務/4H) 勤続11ヵ月

ニトリで働いていた経験がニトリデコホームでも生きている ニトリで働いていた経験がニトリデコホームでも生きている

昔から人と接することが好きで、接客業に興味がありました。初めてのアルバイトは東京ディズニーランドのキャストです。面接でも「人と接せられるお仕事であれば」と伝えたところ、入園ゲートでチケットをもぎるチケットレセプショニストに配属されました。いまでこそ入園は自動改札ですが、私が働いていた頃は手作業だったんです。

一方、大学では語学に力を注ぎ、当時の夢はCAでした。結局、この夢は叶わなかったのですが「外国語を生かして海外で働きたい」と考えていたので、自動車メーカーに就職し、アフリカ地域の営業を担当していました。結婚を機に退職後、パートとして大学教授の秘書、ニトリ、小学校の外国語サポーターなど、職種や業種にこだわることなく経験したと思います。人と接するのが好きであると同時に、好奇心旺盛な性格だったんですよ。

そんな私がニトリデコホームに勤めることになったのは、引越がきっかけです。引越先の近くにニトリデコホームが新規オープンすることを知り、「過去の経験を生かせるかも」と応募しました。さきほど申し上げた通り、私はニトリでのパート経験があります。当時は1階のホームファッションで、カーテンやカーペットの売り場を2年ほど担当していました。ニトリデコホームはオーダーのカーテンがないなど、ニトリとは異なる点も多いです。しかし、お客様への対応や提案の仕方など、ニトリ時代に培った経験はいまでも生かされていると思います。

商品回転率の速さはスタッフにとってもプラス要素 商品回転率の速さはスタッフにとってもプラス要素

ニトリとニトリデコホームの違いは、大きく「立地・敷地面積・商品ラインナップ」の3つだと思います。どちらかと言えばニトリは郊外型で面積も広く、大型家具から雑貨まで幅広い商品を扱っています。一方、ニトリデコホームは駅から近く、限られた面積のなかで厳選された売れ筋の日用品・雑貨を中心としています。なかでも駅近という利点は大きいようで、お客様から「買い物しやすい」「ここにできて良かった」といった感謝のお言葉をいただく機会が多いですね。

また、こうした違いは業務内容にも現れていて、ニトリでは売り場ごとに「持ち場」が決まっていましたが、ニトリデコホームは店内すべてが自分の持ち場です。限られたスペースに豊富な商品を揃え、さらにその商品も毎週のように少しずつ変わっていきます。当初、回転の速さから商品を把握するのに苦労しましたが、慣れてくるとその変化がプラス要素であることに気づきました。そのプラス要素とは、同じ店内で働いていても、つねに新鮮に感じて飽きにくいことです。

これはお客様にとっても大きな魅力ではないかと思っています。
事実、私もパートを終えてから客として来店することがあるのですが、客目線で見ても少しずつ商品が変わるニトリデコホームは新鮮で楽しい気分にさせてくれます。日頃から勤務している売り場なのに、シーバー(トランシーバー)を外し、制服から私服に着替えて客として訪れると、新鮮な気持ちになるのは少し不思議です。

もしかしたら、勤務中は店員として集中できているからこそ、公私にメリハリが生まれているという証拠なのかもしれません。

お客様の笑顔を引き出す「レジもまた接客」の意識 お客様の笑顔を引き出す「レジもまた接客」の意識

ニトリ時代はレジ担当がいましたが、ニトリデコホームはレジも全スタッフが対応しています。私はレジが初めてで、これまでのパート選びでも意識的に避けていました。というのも、人様のお金を預かる責任の重さと、レジの操作を憶えるのが難しいイメージがあったからです。しかし、社員や先輩方の指導が非常に丁寧だったおかげで、ほかの業務も含めて気負わずに学ぶことができました。

初めてのレジ経験で気がついたのは「レジもまた接客」だということです。ただお金のやりとりをするのではなく「カードを持っているか」「配送が必要か」など、お客様とのコミュニケーションが存在します。つまり、レジはお客様との最後の接客の場所なのです。商品を選ぶ際の接客が上手くできても、購入時のレジ対応にご満足いただけなければ、目的の商品を買えた喜びも半減してしまいます。

ですから、来店から退店まで、つねに良い気分で過ごしていただけるよう「レジも接客」という意識が大切なのです。会計を済ませて商品をお渡ししたあと、去り際のお客様からいただく「ありがとう」の言葉と笑顔──これが最もやりがいを感じる瞬間であり、私にとってのモチベーションでもあります。

品出し、商品陳列、接客、レジなど、仕事に慣れればルーティンのように感じるかもしれません。しかし、ニトリデコホームは商品のラインナップと同様、より良い店舗を目指してつねに変化しています。今後もその変化に対応しつつ、笑顔を忘れずにお客様と接していけたらと思います。接客は短い時間ですが、それもまたひとつの縁。お客様ひとりひとりとの縁を大事にしたいですね。

はたらく人の声